縄文小屋 直火囲炉裏体験

2024-05-20

数年前から縄文時代の暮らしや生き方に興味を持ち、いずれは縄文小屋(竪穴式住居)を制作したいという思いを持つようになりました。

2023年11月、小豆島の仲間たちと縄文小屋制作のWSに参加してから忘れないうちに自分達だけで制作しようと12月から動き始めて早半年、ようやく形になってきた事もあり、小屋の中での直火囲炉裏の炎を見てゆっくり過ごして内側から満たされる体験ができる、プランをご用意致しました。

縄文小屋直火囲炉裏体験

未完成お試し価格 

2時間 1人〜6人まで9000円

追加1人につき1500円

延長料金1時間毎に3000円

10時から21時までの2時間

宿泊ご希望の方は予約時にお伝えください。

改めてこちらからご案内致します。

火を囲み揺れ動く炎に包まれながら、ゆっくりとした時間の中での瞑想やミーティングなどいかがですか?

炎を眺めて、自分自身に還れるような体験を是非!

ご予約、お問い合わせは
336kataoka336@gmail.com
09087465069 片岡 晋

詳しい場所は問い合わせ後にご連絡致します。

それでは、制作の様子を順番に紹介していきたいと思います。

竪穴式住居という事で穴掘りから。
深さ50cmの楕円形の穴をユンボと手作業で掘っていく。

柱になる、近くに生えていた杉の木を切り、皮を剥ぎ、根元を土に埋め込む掘立て小屋なので腐敗防止に焼いて炭化させていく。

皮を剥いだ杉に防腐剤として天然の柿渋を塗っていく。

掘った穴の周りには、土留めとして丸太を打ち込んでいく。
子供達も楽しみながらの作業。

そしていよいよ、柱を立てていく。
大きめに深さ50cmの穴を掘り、柱となる杉の樹を入れ、砂利と土と水を叩きながら押し固めていく。こうする事により柱がより強固に。

伐採した杉の皮を剥いて柿渋を塗り、掘った穴に埋めていき、掘立て小屋の枠組みが完成。

油抜きした孟宗竹を枠組みに立てかけて、形成していく。長い竹は重くて、バランスをとる為には人手が必要だった。

この記事をSNSでシェア!
関連記事